脱・コロナ太り!短期間で太った分を短期間で取り戻す方法!

15+
太ったのはアナタだけじゃない

外出自粛による生活の変化で、“コロナ太り”が話題となっていますね。

まだまだ世界的に混乱は続いていますが、多くの人が通勤・通学、お店も営業を再開とコロナ以前と変わらない日常を取り戻しています。

しかし、変わってしまったものが一つ

私を含めた多くの人が「体型の変化」を感じているのではないでしょうか?

私は約2ヶ月間、在宅ワークを経験しました。

1日中すっぴん部屋着スタイル、気が付いたら何かをつまんでいる毎日、部屋掃除以外に体を動かす事もなく流行りのZOOM飲み会で晩酌・・・

といった、女を捨てた生活を送った結果、たった2ヶ月で4kg増でした。

痩せるのはとても大変なのに、太るのはどうしてこんなに簡単なのでしょう。不思議ですね。


お家時間で2人に1人がコロナ太り

私ほどの堕落な生活をしていた人は少ないかと思いますが、、、ここ数ヶ月の間で約2人に1人の割合で「太った」と感じているそうです。

コロナ太りアンケート1

中には“5kg以上太った”という人も!

“お家時間”が増えたことで、女性の42.7%が体重が増加したと答えています。

男性も30.4%がコロナ太りを実感していて、増加量は1~3kgと答えた人が最も多く、女性は平均2.6kg、男性は平均3.3kg増加しています。


在宅ワーク経験者では5割越え!

在宅ワークをしていた人に限定した調査では、55.8%の人が太ったと回答しています。

コロナ太りアンケート2

10%が“とても太った”と回答

通勤しなくなったことで、「とても太った」10%、「少し太った」 45.8%と、半数以上の人が体重の増加を実感しています。

体重に変化がなかった人も運動量が減ったことにより、「締りがなくなった」「スタイルが悪くなった」と感じている人が多いようです。


体重が変わっていない人も実は太っている

「脂肪よりも筋肉の方が重い」ということは、知っていますか?

筋肉と脂肪の重さの差

身長・体重が同じ人が2人いても、筋肉量や脂肪量の違いで、見た目が大きく変わるのです。

筋肉と脂肪の大きさの差

重さの違い「筋肉:脂肪=1.1:0.9」
大きさの違い「筋肉:脂肪=0.8:1」

わずか20%の差ですが、「体重は変化していないのにスタイルが崩れた」と感じている人は、筋肉が落ち脂肪を蓄えてしまったということになります。


体重が増えてないから太ってないはワナ

太ってないのにな・・・

全て気のせいではありません。20%分しっかり太っています。

たかが20%でしょ?
と思うかもしれませんが、この差が実は大きい。

運動不足により筋肉が落ちたということは、代謝も落ちています。つまり、今のアナタは痩せにくい状態です。

鏡の前で自分の体をよく見てみましょう。体の変化に気付けるはずです。


“コロナ太り”が“コロナ疲れ”を加速

まだまだ“こもり生活”は、暫く続きそうですよね。

そんな不自由な状況が続く中、ダイエットに励む気力のある人は、ぜひ運動と食事制限と・・・で、頑張ってください。

しかし、閉塞感に対するストレスと、コロナ太りを気にして我慢するストレスで、“コロナ疲れ”を加速させてしまうなんてことも・・・


55.7%の女性が“こもり生活”にストレス

コロナ太りアンケート4

“お家時間”が増えたことにストレスを感じているかという質問に、55.7%の女性が“はい”と答えています。

何かと我慢が多い状況の今、多くの人がストレスを抱えています。

さらに、“コロナ太り”を気にして甘いものを我慢している女性が67.2%も・・・

コロナ太りアンケート3

キレイでいたい女ゴコロと、美味しいもの、甘いものを食べる幸せ・・・悩ましいですね。

食べて太る?我慢して疲れる?

ストレスは脂肪と仲良し

ストレスは血糖値を上げて、脂肪をつきやすくさせます。

この時期に“コロナ太り”が急増しているのは、ストレスを感じてストレスホルモンが働き、脂肪を溜め込んでしまうからです。

つまり、甘いものを我慢すること、食べたいものを我慢することは悪循環

甘いものを食べると、セロトニンやドーパミンなどの脳内物質が分泌され、ストレス解消に効果的です。

また、食事による血糖値の急激な上昇を抑えるため、実は健康にも良いのです。


“コロナ疲れ”のストレスは食欲で解消せよ

しかし、運動量が減り代謝も落ちている今は、食べたら食べた分だけ蓄えてしまいます。

そこで今の状況に最適な方法は・・・

ながらながらダイエット

という方法。
この方法なら、“コロナ太り”も “コロナ疲れ”も解消できて、太りにくい体質へ改善するところまで可能です。


一石三鳥の「ながらながらダイエット」

“コロナ太り”には、一石三鳥の「ながらながらダイエット」です。

さて、厄介な厄介なコロナに一石を投じてくれるアイテムをご紹介します。


世界17ヶ国4000万人が愛するダイエット法

ゼニカル

世界中で重宝されるダイエットサプリメントです。


吸収抑制がカギ

効果は、脂肪の吸収抑制。

摂取した脂肪分の30%を吸収せずに排出する働きがあるため、肥満解消・予防に効果を発揮するほか、高血圧や高脂血症、糖尿病などの改善にも効果的とされています。


「ながらながらダイエット」デメリットなし

  • ・食でストレスを解消できる
  • ・太りにくい体質へ改善
  • ・運動もストレッチさえも不要
  • ・目に見える効果が楽しい
  • ・短期集中で太った分を解消

唯一、デメリットを挙げるとしたら「油が排出される」ということ。

これが最大の効果ですが、下着を汚してしまう可能性があるので、旅行や遠出する時などには少し厄介です。

しかし、今の状況なら問題ありませんよね?

短期集中ダイエット

私は4kg太って「ながらながらダイエット」に取り組み、2ヶ月弱で元に戻せました。

1kg、2kgなら3~4週間で元に戻せるはず。

「太ったな~」をそのままにしている人は、今からの1ヶ月で元に戻しましょう。


ダイエット記事一覧へ
15+
Menu
Back to Top